【徹底解説】AI文章作成ツールCatchy|画像解説あり

せっかく内容は思いついたのに文章が思いつかない…

キーワードは出てくるのに文章にすると文字を入力する手が止まる…

いっそのこと誰か代わりに書いてくれ…

文章を考えるのに必死につくった時間がだんだんとなくなっていく経験はありませんか?

文章を書くのって、思っている以上に時間がかかりますよね。その気持ちよ~くわかります。

では、そんな時間のかかる文章作成をAIが作ってくれるとなったら、どう感じますか…?

実はAIが文章を作成してくれる時代がすぐそこまで来ています。

そんな近未来を感じさせてくれるのが今回ご紹介する『国内最大級のAIライティングアシスタントツール Catchy』です。

Catchyのすごいところは、

  • たった4STEPで簡単に記事作成できる
  • 1つの記事を完成させるのに数分しかかからないため、時短につながる
  • 無料プランを含む、初心者からヘビーユーザーまで満足できるシンプルでお得な料金プラン

なんと公開からわずか2ヶ月で会員数1万人を突破する話題性のあるAI文章作成ツールです。

しかも、テレビやWebメディアでも続々と紹介されています。

  • テレビで紹介:TBS「THE TIME,」、TOKYO MX「バラいろダンディ」など
  • Webメディアで紹介:ねとらぼ、マイナビニュース、デイリースポーツonline、よろず~ニュースなど

Catchyの料金プランは4種類。

  • 無料で10クレジットを付与するFreeプラン
  • 毎月一定のクレジットを付与するStarterプラン
  • すべての文章生成ツールが制限なしで使えるProプラン
  • 独自生成ツールを作成できるEnterpriseプラン

記事作成の負担を減らし、無料プランを含むシンプルな料金プラン。

そんな魅力がつまったAI文章作成ツールCatchyを作業時間の確保が難しい副業ブロガーの視点でご紹介します。

ぜひ最後まで読んでみて下さい。

追記:『AIで実際に作成した文章を紹介』を追加しました。

追記:メリットで『開発者の情報感度と意欲が高い』を追加しました。

目次

AI文章作成ツールCatchyとは

Catchyとは記事をキーワードや短い文章からAIで自動で作成し、ブロガーの負担を激減させる時短ツールです。

記事を書くだけでなく、資料作成、メール作成、広告作成にも使えるので、ブロガーの方だけでなく、マーケターの方にもおすすめできます。

Catchyの特徴

Catchyの特徴は、

  • 100種類を超えるAI文章作成ツール
  • 10文字ぐらいの短い文章から300文字以上の長文を作成可能
  • 記事制作の時短ツールに使える

です。

実はNHK、日本テレビ、TBSなどの大手メディアで紹介され、リリース2ヶ月で会員数10,000人を突破、7万回以上の文章作成がされています。

そして、Catchyの記事制作ツールですごいのが、たった4STEPでブログ記事ができてしまうことです。

記事の原案があればだいたい3分ぐらいでできてしまいます。

Catchy運営会社

Catchyを運営しているのは株式会社デジタルレシピです。

会社情報はこちら。

社名株式会社デジタルレシピ
代表伊藤新之介
創業2018年2月
資本金41百万円
本社東京都渋谷区神宮前3-5-13
ミッションあの22世紀を作る
株式会社デジタルレシピは、22世紀に活躍する「あんなこといいな」が叶う魔法のボタンの開発実現をミッションにしています。
名前の由来料理レシピのように、デジタルの世界で、その通りに作れば、誰でも簡単に成果を出せるレシピを作るという思いから名付けました。
株式会社デジタルレシピ公式HPより引用

「あんなこといいな」が叶う魔法のボタン、って最高のフレーズですよね。

Catchyはまさに、『記事制作をボタンひとつでできたらいいな』を叶えてくれるAI文章作成ツールです。

またCatchyの開発者である、ふるかわさんは東京大学工学部システム創成学科出身という経歴の持ち主。TwitterでAIに関する情報を発信されています。(Twitterアカウント:@sho_furu

Catchyのメリット14選

副業ブロガーの役に立ちそうなものから順番に紹介しています。

なので、『もうおなかいっぱい!』となったら読み飛ばしてください。

『デメリットの紹介に移動する』をタップ(またはクリック)してもらえれば移動できます。

それではCatchyのメリットはこちら。

  • たった4STEPで記事ができあがる
  • キーワードから文章を作成できる
  • 短文を長文にしてくれる
  • アイデアのきっかけをくれる
  • マーケティングができる
  • 開発者の情報感度と意欲が高い
  • スマホでも文章をつくれる
  • 無料体験できる
  • メリットをあげたらキリがない

それぞれ紹介していきます。

たった4STEPで記事ができあがる

一番のメリットはたったの4STEPで記事ができあがることです。

実際の画面がこちら。

Catchyの記事制作ワークフローの画像です。
(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

記事のタイトルを考えてしまえば、あとは導入文作成、見出し作成、本文作成の4STEPを順番にこなしていけばひとつの記事ができあがります。

各STEPで記事のトピックから生成された文章を選択していくだけで完成です。

文字数は1000文字以内の文章ができあがります。たまに1500文字とかもできあがります。

見出しを調整することで1000文字以上の文章を生成することも可能です。

時間にして3分程度です。

内容については、『【厳選】Catchyで使うべきツール|記事制作フローを紹介 』で紹介しています。サクッと知りたい方はこちらからどうぞ。

【厳選】Catchyで使うべきツール|記事制作フローを紹介に移動する

デメリットの紹介に移動する。

キーワードから文章を作成できる

実際の画面がこちら。

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

キーワードを入力するだけでだいたい500文字程度の文章を生成してくれます。

1分もかかりません。

デメリットの紹介に移動する。

短文を長文にしてくれる

実際の画面がこちらです。

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

短い文章をサクッと入力するだけでだいたい200~300文字程度の文書が生成されます。

こちらも文章を生成するのに1分もかかりません。

デメリットの紹介に移動する。

アイデアのきっかけをくれる

Catchyには生成ツールの中で『アイディア出し』というカテゴリーがあります。

この記事を書いている2023年1月現在で18種類のアイデアのきっかけを提供してくれます。

18種類のきっかけは、

  1. 関連ワードを見つける
  2. キーワードから作る新規事業
  3. 問題をベースにした物語
  4. リーンキャンバス
  5. TikTok 動画のアイデア
  6. 二者の共通点を探す
  7. 難しい話をわかりやすく説明
  8. 会社名のアイデア
  9. サービスのミッション
  10. サービスが提供する価値
  11. バリュープロポジション
  12. ユーザーの課題(ターゲット編)
  13. セミナーのネタ
  14. 楽曲名のアイデア
  15. 歌詞
  16. ヒラメキのヒント
  17. なぜなぜ分析(5 回のなぜ)
  18. 会社の魅力

です。

記事を書くだけでなく、サービス、新規事業のアイデアを出す手助けをしてくれます。

デメリットの紹介に移動する。

マーケティングができる

『マーケティング』のカテゴリーでは。

この記事を書いている2023年1月現在で16種類のアイデアのきっかけを提供してくれます。

16種類のきっかけは、

  1. ターゲット像をより鮮明に
  2. トピックから疑問を生成
  3. ユーザーレビュー
  4. AIDA モデル
  5. ユーザーの課題と解決策(サービス編)
  6. 4P モデル
  7. 箇条書きでサービスを説明
  8. ユーザーの目を引く文章
  9. メルマガの本文
  10. メルマガのタイトル
  11. バズアイデア
  12. バリュープロポジション
  13. ユーザーの課題(ターゲット編)
  14. 機能を価値に変換
  15. プレスリリースのたたき
  16. セミナーのネタ

マーケティングではかかせないターゲッティングや4P分析、AIDAモデルの活用もできます。

これだけのツールがあればマーケティングの効率もグッと上がりますよね。

デメリットの紹介に移動する。

開発者の情報感度と意欲が高い

Catchyの開発者であるふるかわさんのツイートをチェックしているとAIに対する情報感度の高さがわかります。

Catchyのアップデートも積極的に実施されています。

ユーザーの声をしっかりと拾いあげて、ツールに反映してくれるので安心感がありますよね。

Catchyが今よりも一層使いやすくて便利なAI文章作成ツールにする意気込みを感じさせてくれます。

スマホでも文章をつくれる

インターネットサイトなのでスマホからでも文章を生成することができます。

空いた隙間時間にササッと文章を生成し、記事制作に役立てることも可能です。

時短にもってこいのモバイルフレンドリーさです。

デメリットの紹介に移動する。

無料体験できる

Catchyに登録することで10クレジットが付与されます。

クレジットとはCatchyのツールを使うためのポイントみたいなものです。

ツールによって消費されるクレジット数が変わってきます。

10クレジットあれば、記事制作ワークフローを1回分体験することができますので、ぜひ体験してみてください。本当に感動しますよ。

ちなみに登録をするのにクレジットカードの登録は不要なので、安心です。

デメリットの紹介に移動する。

メリットをあげたらキリがない

ここまで読んでいただきありがとうございます。

Catchyのメリットは他にもたくさんあります。

なので、まとめて紹介します。

メリット補足
生成ツールが豊富生成ツールは140種類以上
(2023年1月現在)
時短につながる文章を生成するのにかかる時間は数分程度
時期に応じたツールがある今年の漢字から抱負を膨らませる
初夢を今年の抱負にしてみた
年賀状に書く言葉
推しのライブに参戦するために誘いを断る
など
話題性がある日本テレビ、TBSなどの大手メディアで紹介。Webメディアの掲載多数。
時代を先取りできるAI文章作成ツールを活かしているブロガーがまだ少ない(SNSを見る限り、今後増えていく)
ブログとの親和性が高い少ない文章で記事ができあがる

最終的にはよく使うツールに集約されていきますが、ツールの選択肢を持つことがCatchyを使うメリットに直結します。

実際に体験することで感動が何倍にもなりますので、ぜひ使ってみて下さい。

下のボタンから公式ホームページに行けますので、この感動をぜひ体験してください。

Catchyのデメリット10選

3つぐらいにまとめるべきだとは思ったのですが、メリットがこれだけ多いならデメリットもちゃんと紹介しておかないと安心できないですよね。

なので、きっちり紹介します。

結論、そこまで大きなデメリットはない、と私は感じています。

とはいえ、感じ方は人それぞれ。参考にしていただければ幸いです。

メリットの紹介と同じで、『もうおなかいっぱい!』となったら読み飛ばしてください。

『【厳選】Catchyで使うべきツール|記事制作フローを紹介に移動する』をタップ(またはクリック)してもらえれば移動できます。

事実確認が必要

AI文章作成ツール全般に言えることなのですが、事実と異なった内容の文章を作り出すことがあります。

理由は、AIが学習した内容の中からしか解答を出せないからです。

例えば、

  • 質問:第103代目の大相撲横綱を教えて
  • AIの回答:大相撲の第103代横綱は、2017年に横綱に昇進した紀の里豊。日本出身の横綱としては1998年の吉備若乃花以来で、平成の横綱としては4人目となる。他の3人は朝青龍、白鵬、春馬富士である。貴ノ岩はストイックな物腰で、長い取組の末に相手を押し出し、土俵外に出すことが多かったことで知られています。2017年に相撲界を引退し、2019年に33歳の若さで死去した。

と、かなりそれらしい回答をしてくれますが、事実ではありません。

現在の横綱は第73代で照ノ富士関です。(日本相撲協会公式HP参照

つまり、第103代目の横綱は存在しないのです。

なので、存在しないものをまるで存在しているかのように表現してしまう場合があります。

他にも間違った内容を生成することもあります。

例えば、

  • 入力情報:必ず勝てる投資法教えます。
  • AIが生成した文章:必ず勝てる投資法をお教えします。投資は、時に威圧的で圧倒されるものですが、少しの準備と知識で、誰でも投資家になることができます。私が信じられないほどの成功を収めた方法のひとつが、ファンダメンタルズ分析です。このタイプの投資は、資産の本質的な価値に焦点を当て、長期的な投資に使用されます。貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表を調べ、企業の投資価値を算出するものです。投資家は、これらの資産の現在価値および潜在的価値に基づき投資することで、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。また、投資先の企業の財務の安定性を確認することができ、非常に有益な投資方法です。最終的に、この投資方法の鍵は、デューデリジェンスを行うことである。その企業を十分に研究し、財務の健全性を理解し、投資に対するリターンを合理的に期待できるようにすることです。正しい知識と資産価値の分析があれば、成功に導くことができるのです。

という結果となりました。

ちなみに必ず勝てる投資方法は存在しません。おそらくですが、詐欺関連の文章を拾ってきたのかな?という印象です。

なので、学習に使ったデータが多ければ多いほど精度が上がっていくのですが、間違った内容が多いものだと嘘の情報をAIは正しい情報と判断し、生成します。

と、ここまでAIの文章作成能力に文句をつけてみました。

しかし、よく考えてください。

記事を書くときに事実確認ってしませんか?

たしかに事実確認をする手間はAIを使ってもそのままですが、それ以上に文章を組み立ててくれる手間を減らしてくれる方が時間短縮につながります。

例えば、浮いた時間をリサーチに使えば、読者の満足度を高める結果にもつながります。

なので、ちゃんと事実確認をしているのであればまったく問題ないデメリットです。

【厳選】Catchyで使うべきツール|記事制作フローを紹介に移動する

リライト能力が必要

このデメリットもAI文章作成ツール全般に共通することですが、文章表現がおかしいことがあります。

例えば、

  • テーマ:ブログにおける独自性・優位性・差別化についての導入文
  • AIの生成文章:あなたはブログに興味がありますか?それなら、あなたは正しい場所にいます!この記事では、ブログを成功させるために必要な「独自性」「優位性」「差別化」の重要性について、わかりやすくお伝えします。また、これらの3つの側面がどのようにあなたのブログを他のものと区別することができるかを示す同じ例も提供する予定です。ブログで差別化する方法を学ぶために、ぜひご一読ください。

いやー、違和感だらけですよね。

『あなたは正しい場所にいます!』『3つの側面が~』『同じ例を提供する予定~』など、人間の目から見て違和感のある文章を生成することがあります。

Catchyとしても『アシスタントAIライティングツール』という打ち出し方をしているので、このあたりはしょうがいことかなと思います。

しかし、これぐらいのクオリティの文章であれば、表現を変えるだけで60点~70点ぐらいの文章になります。

なので、一から文章を考える方が労力が必要なので、少しの手間で文章を完成させることができます。

【厳選】Catchyで使うべきツール|記事制作フローを紹介に移動する

SEO的にアウトになるかもしれない

Googleの方針を確認すると以下のような記載があります。

スパム行為のある自動生成されたコンテンツ(「自動生成コンテンツ」)とは、独自の価値を生み出したり、十分な価値を付加したりすることのない、プログラムで生成されたコンテンツのことです。ユーザーの役に立つためではなく、検索ランキングを操作することを主な目的として生成されます。自動生成スパム コンテンツの例としては、次のようなものが挙げられます。

・検索キーワードを含んでいるが、文章としては意味をなさないテキスト

・自動ツールで翻訳されたテキストが、人間によるチェックや編集を経ずに公開されたもの

・品質やユーザー エクスペリエンスを考慮せず、自動プロセスで生成されたテキスト

・類義語生成、言い換え、難読化などの自動化手法を使用して生成されたテキスト

・フィードや検索結果の無断複製によって生成されたテキスト

・複数のウェブページからのコンテンツを、十分な価値を加えることなくつなぎ合わせたり組み合わせたりしたもの

Google検索セントラルより引用

要するに、色んなサイトから集めた情報をつなぎ合わせた記事は評価しない、ということです。

この方針の背景には、昔流行ったワードサラダがあります。

ワードサラダとは、意味のないフレーズや単語、表現がランダムに組み合わされて自動生成された文章のことです。

Googleはこのワードサラダの対策として引用にあるような対策を実施しました。

なので、最近のAI文章生成ツールに直接影響を及ぼすものではないのですが、今後はわかりません。

しかし、安心してください。これにも対策はあります。

それはコピペチェックツールを使うことです。

いくつかのコピペチェックツールを使って確認したところまったく問題はありませんでした。

もし、Catchyで生成された文章をそのまま何の編集もせずに記事にするようであればコピペチェックツールで確認をする作業が必要なります。

【厳選】Catchyで使うべきツール|記事制作フローを紹介に移動する

その他のデメリット|対策も紹介

他にもデメリットはいくつかあります。

まとめたものがこちらです。

デメリット補足対策
構成は自分で考えた方がいい書き手の意図を100%反映できるわけではない生成された文章を組み替えることで対応可能
書きたいテーマの基礎知識はあった方がいいAIまかせにすると内容の重要度がわからない優先順位を決めるのはまだ人間の役割なので、自分で判断
生成ツールが多すぎる選択肢が多くて迷う①記事制作ワークフロー
②キーワードから文章生成
③短文を長文に
の3種類を使えれば大丈夫
100点のクオリティではない30~60点ぐらいのクオリティになることが多い記事の土台として活用する
クレジット数の計算が手間
(無料プラン・一部有料プランのみ)
クレジット数を気にしながら使うのが面倒くさい思い切って使い放題プラン(Proプラン)を検討する
生成が禁止されているコンテンツがあるヘイト、虚偽の情報、ハラスメント、暴力、グロテスクな表現、自傷行為、性的、政治的、スパム、詐欺的コンテンツ、マルウェア、法令違反常識の範囲内なのであまり気にしなくても対応可能

ここでは6種類のデメリットをあげましたが、それぞれ対応は可能です。

例えば、はさみもケガをしてしまう可能性はありますが、ちゃんと使い方を理解すれば便利なツールですよね。

なので、Catchyのデメリットを理解し対策を考えておけば、記事作成の時間を大幅に短縮してくれる非常に便利なツールとなります。

実際に体験することで不安を解消することができます。

下のボタンから公式ホームページに行けますので、不安が感動に塗り替わる瞬間を味わってみて下さい。

有料プランもありますが、無料プランでも使うことができますので、ご安心を。

AIで実際に作成した文章を紹介

実際にCatchyを使って生成した文章が気になる方はこちらの記事をどうぞ。

関連記事

この記事では『AIでどんな文章が書けるの?』を解消するために5つの記事を紹介します。それぞれの文章はほぼAI文章作成ツールを使い、20~40分ほどで作成しました。それぞれの記事を読んでいただくとわかるのですが、結論、AIで[…]

それぞれの記事のテーマは、

  • ブログを継続させるコツ
  • 読みたくなるブログ記事の書き方
  • 行動するために大切なこと7選
  • 副業で稼ぐためにまずやること3選
  • メタバースって何?を解消します。

の5種類を用意しました。

約900~3,000字のAIで生成した文章を記事にしています。

Catchyで使えるツールを色々組み合わせて作りましたので、AI文章の可能性を感じてもらえます。

ぜひ、ご参考に。

【厳選】Catchyで使うべきツール|記事制作フローを紹介

100種類以上あるCatchyのツールの中から厳選した時短につながる便利なツール、記事制作フローを紹介します。

ここで紹介するツール以外にも副業ブロガーに役立つツールが盛りだくさんです。

ぜひ参考にしてください。

記事作成フロー

『キーワードだけちょちょいと考えるからあとは誰か勝手に膨らませてくれ~』って思うときもありますよね。

そんなときに外注するのもひとつの手ですが、募集するのも面倒くさいし、人を選ぶのも手間がかかります。

しかし、この記事制作フローを使えばタイトルを考えて順番に選択肢を選ぶだけで、そんな手間ともおさらばです。

最終的な手直しは必要ですが、たった数分でいくつものアイデアを出してくれます。

STEP1 タイトル作成

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

記事のトピックには書きたい記事のテーマやタイトルを入力します。

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

記事のトピックを元にAIが記事のタイトルを提案してくれます。

その選択肢の中から書きたいテーマに沿ったものを選択すると次のSTEP2導入文作成に移動します。

タイトルはあとで編集することも可能です。

STEP2 導入文を作成する

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

導入文に対して書きたい情報などがあれば1番の手順で入力します。未入力でも文章は生成されるので、空欄のままでも問題ありません。

そして、作成するボタンをクリックすると、導入文の選択肢が表示されるので、最適な文章を選択します。

タイトル作成と同様に、生成された導入文はあとから加筆・修正できますので記事の意図に近いものを選択すれば大丈夫です。

STEP3 見出し作成

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

STEP3見出し作成に移動すると見出しの候補が表示されます。

今回は見出し候補がひとつなので、それをクリックします。

見出しもあとで加筆・修正ができます。

STEP4 本文作成

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

いよいよ記事が作成される目前です。

見出しが反映されていますので、修正する必要があればここで修正します。

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

文章が完成したと思いきや、記事生成が途中で終わっています。

理由は、生成される文字数が最大1,000文字程度だからです。

たまに1,500文字ぐらい生成されることもあるのですが、途中で文章が切れている場合は以下の手順で対応します。

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

見出しの修正ができるので、すでに生成された文書の見出しを削除します。

そうすることで改めて記事を生成しなおしてくれます。

最後に作成するをクリックします。

(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

これで途中で終わっていた文章が生成され、記事が完成します。

ここで必要に応じて保存することができます。他のツールを使ったり、ページを離れるとせっかく作った記事が削除されるので、注意が必要です。

記事制作フローを無料プランで使うときの注意点

Catchyの無料プラン、一部有料プランではクレジットと呼ばれるポイントが導入されています。

クレジットを消費することで各ツールを使うことができます。ツールごとに消費するクレジットが違うので注意が必要です。

ちなみに今回紹介した記事制作フローをすべて使うと8クレジット消費します。

内訳はこちら。

生成ツール消費クレジット数
タイトル作成1
導入文作成2
見出し作成1
本文作成4

無料プランであれば毎月10クレジット付与されます。

なので、月に1回記事制作フローを使うことができます。

これは体験してもらうとわかるのですが、10クレジットでは全然足りません。

なので、次の料金プランで有料プランを検討するべきタイミングもあわせて紹介します。

Catchyの料金プラン

料金プラン

Catchyの料金プランはこのようになっています。

Catchy公式HPより引用(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

Free、Starter、Pro、Enterpriseの4種類から選ぶことができます。

表でまとめると、

料金プランFreeStarterProEnterprise
特徴月額課金なし毎月一定のクレジットを付与無制限で使える基本プラン独自生成ツール作成プラン
料金(月額)

付与クレジット
¥0
10クレジット
¥3,000(税抜)
100クレジット
¥5,700(税抜)
200クレジット
¥8,100(税抜)
300クレジット
¥9,800(税抜)
年払いで20%off
クレジットは無制限使い放題
要お問い合わせ
クレジットは無制限使い放題
機能全生成ツール利用可能
記事制作ワークフロー
毎月10クレジット付与クレジットの単発購入クレジット無制限使い放題
プロジェクト機能を1つまで利用可能プロジェクト機能を無制限で利用可能
チャットサポートチャット&ビデオサポート
優先チャットサポート
独自生成ツール作成可能
新機能の早期アクセス
Catchy料金プラン一覧

となります。

ユーザーにとってうれしい情報が、

  • Proプランで年払いにすると、税込総額129,360円が税込総額103,488円で25,872円もお得約2ヶ月分の利用料金が無料になる計算です。
  • Starter、Proプランの場合、最短1ヶ月から利用可能。解約後も請求期間の終了日まで使えて、利用期限がすぎたら自動でFreeプランに移行。1ヶ月だけ使ってみたいときでも安心です。

です。初心者からヘビーユーザーまで満足できるシンプルでお得な料金プランとなっています。

申し込みはCatchy公式ホームページからできます。

料金プランのよくある質問|Catchy公式HPより抜粋

Q.無料プランと有料プランの違いは?

A.無料プランの場合は、会員登録時に10クレジット、また毎月1日に10クレジットが付与されます。
コピーを作成するごとに原則1クレジット消費されるので、毎月最大10回までコピーの作成を行うことができます。※複数クレジット消費するツールもあります

有料プランの場合は、付与されたクレジット数分、または無制限でコピーを作成できます。

Q.クレジットカード以外の決済方法には対応していますか?

A.はい、Proプランの年額支払いの場合のみ、請求書を発行させていただき、銀行振込にてお支払いをいただくことが可能です。
お問い合わせより、「年額プランの銀行振込での契約をしたい」という旨をご連絡ください。

Starter、Proプランの月額支払いに関しては、クレジットカードのみのお支払いとなっております。

順次決済方法の拡充を行なっておりますので、ご不便をお掛けしますがよろしくお願いします。

Q.月額払いと年額払いの違いは?

A.月額払いは、1か月分の利用料金を毎月支払う方法です。

例:1/1にお申込みの場合、次回請求は2/1になります

年額払いは、1年分の利用料金を1年に1回支払う方法です。
※月額払いよりもお得な料金で利用できます。

例:1/1にお申込みの場合、次回請求は翌年の1/1になります。

Q.契約期間に縛りはありますか?

A.いいえ、ありません。

Starter、Proプランの月額払いの場合、最短1ヶ月からご利用可能です。

また、解約後も請求期間の終了日まで無制限でお使いいただけます。
※ 利用期限が過ぎたら自動でフリープランに移行されます。

Q.契約期間中に解約した場合、返金はありますか?

A.月額払い/年額払いともに返金は致しかねます。ご了承ください。

有料プランを検討すべきタイミング

有料プランを検討すべきタイミングはFreeプランで10クレジット使いきったときです。

使ってみるとわかるのですが、10クレジットでは本格的にCatchyを稼働させるのにクレジット数が足りません。(Freeプランなので当然ではあるのですが…)

  • たった4STEPで記事ができあがる
  • キーワードから文章を作成できる
  • アイデア出しをサポートしてくれる
  • 100以上の文章生成ツール(2023年1月現在は140ツール以上!)
  • 記事作成の時間を圧倒的に短くできる

このようにメリットが盛りだくさんのツールを使わない手はないですよね。

とはいえ、『有料プランにするのもちょっと怖いなぁ…』という気持ちもすごく理解できます。

そんなときには無理をせずにFreeプランで色々試してみるのがおすすめです。

毎月10クレジット付与されるので最大10回までなら消費クレジット1のツールを使うことができます。

しかも、Freeプランなら登録をするだけなので、一切お金はかかりません。ご安心ください。

もしFreeプランで物足りなくなってきたら、クレジットの単発購入を検討してみてください。

3,000円(税抜)で100クレジット付与されます。この記事で紹介した『記事制作フロー』を12回分利用することができます。

100クレジットではちょっと心もとないなぁ…と感じるときには200クレジット、300クレジット付与されるプランもあります。

ただし、300クレジットで8,100円(税抜)ですので、100以上のツールが無制限で使い放題のProプランで月額払いを利用した方が損しない場合もあります。

Proプランは9,800円(税抜)です。

税込み価格で比較しても、

  • Starterプラン300クレジット付与:8,910円(税込)
  • Proプラン月額払い:10,780円(税込)
  • 差額:1,870円

となります。

1,870円の差で、300クレジットしか使えないのか。何の制限もなく記事作成の時間を圧倒的に削減するのか

この二択を選択しなければいけません。よく考えると大きな差だと思いませんか?

ちなみに私はすでにProプランで運用を開始しています。

しかも、年払いの20%オフでお得に使っています。

※実際の設定プラン画像

Proプランで年払いにすると、税込総額129,360円が税込総額103,488円で25,872円もお得約2ヶ月分の利用料金が無料になる計算です。

なので、1年間使い倒すつもりで年払いのプランにしました。

でも、普通なら『年額プランにするのはちょっと不安だなぁ。ツールが更新されないかもしれないし…』と考えても無理はありません。

この不安に対する答えは、『メリットの開発者の情報感度と意欲が高い』で紹介した通り、Catchyはユーザーのニーズに応えてくれます。

なので、長期的に見てもCatchyを使うのは正解だと感じているので自信をもってオススメできます。

ちなみに私がなぜ年額プランを利用する思い切った決断をしたのか。

それは、AI文章作成ツールの波が押し寄せているからです。

ポイントは、

  • Twitterで1万フォロワー以上いる有名ブロガーの方々もAI文章作成ツールに注目している
  • 仮想通貨ブログが流行ったときと似ている
  • 仮想通貨ブログバブルで収益を10万、100万とつみあげた人を数多く見てきた

仮想通貨ブログバブルで収益をあげた方々は新しいブームにのったからこそチャンスをつかみとることができました。

幸運の女神には前髪しかない、とよく言われます。つまり、チャンスは一瞬しかありません。

痛みなくして成功なし。一瞬のチャンスをつかみとるためには、犠牲がつきものです。

AI文章作成という新しい波に乗るなら、使っている人がまだまだ少ない今がチャンスです。

まだまだ流行り始めなので、AI文章作成を活かせるジャンルも数多くあります。ご安心を。

ブームにのって、一緒にチャンスをつかみ取りましょう。

今すぐにCatchyを使い始めたい方はこちらからどうぞ。

有料プラン検討のまとめ

有料プランを検討するタイミングをまとめると、

おすすめのタイミングおすすめプラン
とりあえず1回試したいときFreeプラン
自分のコンテンツで使えるか検討したいときStarterプラン-100クレジット付与
自分のコンテンツを一気に増やしたいときStarterプラン-200クレジット付与
いろいろ試したいが、Proプランにするのはもったいないと感じるときStarterプラン-300クレジット付与
いろいろ試して収益化を目指したいときProプラン

といった感じになります。

使い方は人それぞれなので自分に最適なプランを選び、活用していきましょう。

Catchyの登録方法|簡単2STEP

画面右上のログインボタンをクリック。(画像をタップまたはクリックで拡大できます)
ログイン方法をGoogleかFacebookから選択。(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

表示されているアカウント以外がいい場合は別のGoogleアカウントで登録することも可能です。

登録完了。画面は自動で遷移します。(画像をタップまたはクリックで拡大できます)

こちらのボタンから公式ホームページで登録できます。

最後に

Catchyは作業時間が少ない副業ブロガーにおすすめのAI文章作成ツールです。

  • たった4STEPで簡単に記事作成できる
  • 1つの記事を完成させるのに数分しかかからないため、時短につながる
  • 無料プランを含む、初心者からヘビーユーザーまで満足できるシンプルでお得な料金プラン

これらのメリットを体感できる便利なツールです。

もちろんデメリットもありますが、それぞれ対策は可能です。

こちらの公式ホームページからGoogleで登録すれば簡単2STEPで、面倒な入力項目もありませんFreeプランであればクレジットカードの登録も不要で安心して利用できます。

ぜひたった数分で文章ができあがる感動を体感してください。

今回ご紹介した内容がお役に立てれば幸いです。

ではまたっ!