ブログの書き方|結果が出ないときに大事なマーケット選びの基本

どれだけがんばっても結果が出ないときってありませんか?

 

ブログ記事を50記事書いてもPV数が増えない…

SNSで毎日発信してるのにフォロワーが伸びない…

結果がでない原因がわからない…

 

しかも、こんなときって『あ~、ブログなんて書いても意味ないのかなぁ…』なんて考えちゃいますよね。

 

そんな燃え尽き症候群のあなたのためにこの記事を書きました!

 

今回ご紹介する内容はマーケット選びの基本です。

がんばっているのに結果が出ない方に向けて、解決の糸口になるように書きました。

また時間のない方でもサクッと読めるよう、大事なことだけを厳選しています。

ぜひ最後まで読んで、あなたの望む未来への一歩を踏み出しましょう!

大きなマーケットを狙っていませんか?

マーケットが大きくなればその分、人の数も増えます。

なので、『見る人が多いのであれば誰か見てくれるはず!』と思うのも仕方がありません。

しかし、多くの人は見向きもしてくれません。

例えば、東京駅で平日の朝8時に超絶技巧のギターを披露しても足を止めてくれる人はいませんよね。

では、なぜ誰も見てくれないのでしょうか。

それは発信する場所が間違っているからです。

上の例であれば東京駅ではなく、休日の商業施設であれば話が変わってくるでしょう。

それぐらい発信する場所、つまりマーケット選びは大事なのです。

なので、まずはニッチなマーケットから始めましょう。

そこで認知度がつけば、少しずつ狙ったマーケットを大きくしていけばいいのです。

もし、認知がつかなくても失うものは何もありません。どんどん自分の得意を活かせる分野を探していきましょう。

売上が見込めるマーケットですか?

あなたが売り込もうとしているマーケットに稼いでいる人がいなければ、違う分野にしたほうが無難です。

なぜなら、前例がないからです。

たしかに大金を稼ぐ人といえば、何もないところに新しいマーケットを作り上げ、成功を手にするイメージですが、たいていの場合は大きく稼ぐことができません。

コンビニを例にすると、ファミリーマートは1972年、セブンイレブンは1974年に1号店をオープンさせていますが、店舗数は2023年現在ではセブンイレブンが約21,000店舗、ファミリーマートが約16,000店舗と後からコンビニ事業に進出したセブンイレブンの方が店舗数が2023年現在では多くなっています。

ちなみに2022年の売上高でもセブンイレブンが4兆9527億円、ファミリーマートが2兆8419億円と約2兆円の差があります。

つまり、既存のマーケットで稼いでいる人や企業がいれば稼げると言えます。

では、稼げるマーケットの条件とは何でしょうか。

それは、

  • 長期間活気があるマーケット
  • 熱烈なファンがいるマーケット
  • 大金をはたいても解決したい悩みがあるマーケット
  • お金を持った顧客がいるマーケット
  • 欲求を刺激するマーケット

の5つです。

これらの条件が多く揃っていれば稼げるマーケットであるといえるでしょう。

特に食に関する商売やアダルトジャンルは欲求を解消しても、また復活するので際限なく稼げるジャンルと言えます。

このように一度販売するだけの商売ではなく、何回もアプローチできるマーケットを選びましょう。

商品から先に決めていませんか?

最近、こちらの本を読みました。

キーエンスと言えば、平均年収ランキング常連の利益率50%の高収益企業。

日本全国500万社以上の企業情報を網羅した日本最大級のデータベースを誇る「SalesNow DB」を運営するQuickWorkが発表した『2022年全業界年収ランキングTOP10』では2182万円で2位でした。(ちなみに1位はM&Aキャピタルパートナーズで3161万円)

本書でキーエンス創業者の滝崎武光さんがこのように語っています。

『どういう商品を開発するかを、お客さんから言われて決めているようでは、すでに遅いんです。顧客の要望通りのものを作っていても、付加価値は高くならない。』

西岡 杏著 キーエンス解剖 最強企業のメカニズム

つまり、顧客のニーズや悩みを考え、先回りして提案することが大切なのです。

しかし、この戦略もあなたが詳しくないジャンルのマーケットで活動しても時間を浪費します。

いくら顧客ニーズや悩みがわかっていても解決できなければ結果はでません。

なので、あなたが誰よりも活躍できるマーケット選びも重要です。

まとめると、

  • 商品から考えてはダメ
  • 顧客ニーズや悩みを先回りして解決する
  • 自分が解決できる悩みを持つ人が多いマーケットを選ぶ

です。

ぜひともこのようなマーケットを探してみて下さい。

まとめ

  • まずはニッチなマーケットを狙う
  • すでに存在しているマーケットを狙う
  • 自分が解決できる悩みが多いマーケットを狙う

最後に

この記事では、ブログの書き方において結果が出ない時に大切なマーケット選びの基本をご紹介しました。結果が出ない時には、マーケットを変えてみることも重要です。

また、ブログにおいてはマーケット選びだけでなく、記事のタイトルや内容にも注意が必要です。読者に関心を持ってもらうためには、解決したい問題や知りたい情報を提供することが必要です。そして、文章の構成や表現、SEO対策なども意識する必要があります。

ブログの書き方で最も重要なのは、自分の得意分野を明確にし、読者の問題やニーズを理解し、それらを解決する情報を提供することです。自分自身の経験や知識を活用し、継続して努力を続ければ、必ず結果が出ると信じて、ブログに取り組んでいきましょう。

今回の内容があなたのお役に立てれば幸いです。

ではまたっ!

マーケティングのこんな記事も