【22年6月度】30代子育て世帯の家計簿を公開!

 
なまず屋
ようやくデータが揃いましたので今月も1円単位で公開します!

6月度は子ども手当の支給があり、なんとか黒字でフィニッシュすることができました。

これがなかったと思うと正直、ゾッとします。

このときばかりは国策に感謝ですね。

 

それでは今月の家計簿を公開していきたいと思います。

 

家族構成

我が家の家族構成は、

  • 30代夫婦
  • 3歳と2歳の子ども

の4人家族です。

 

2歳と3歳の子ども達はそれぞれ1歳と2歳の時から保育園に通っています。 

ちなみに子ども達を小さいころから保育園に通わせている理由は、

  • 共働きによる収入アップ
  • 子ども達の社会性を育てる
  • 子ども達が小さいうちに少しでも貯蓄を増やしておく

の3点です。

 

特に子ども達の社会性という点では小さいころから色んな人と触れ合うことで様々な経験を積んでほしいという思いがあります。

 

それではここから我が家の家計を公開していきたいと思います。

 

収入 466,542円

内訳は、

  • 夫給与240,453円
  • 妻給与27,060円
  • 子ども手当100,000円
  • 出張手当94,300円
  • 配当所得4,729円
  • その他収入110円

となっています。

ちなみに、

  • 給与は手取り収入を記載
  • 出張手当は家計の助けにはならない

です。

  

今月の収入のトピックは、

  • 子ども手当で首の皮1枚でつながる
  • 休日出勤で助かった!

です。

 

冒頭でもお話した通り、子ども手当万歳です。

4ヶ月に一回の支給ですが、このおかげで少し精神的なゆとりが生まれます。

 

給与面では、6月度に出張の関係で休日出勤をしたので、その分が給与に上乗せされていたのでいつもよりも多くなりました。

デザインを仕事にするという妻の夢を応援するために最低今年いっぱいは収入源を覚悟しているので、少しでも給与が増えてくれるのはありがたいことです。

 

支出 429,259円

今月は37,393円の黒字でフィニッシュしました。

 

それでは、ここからは支出の内訳をそれぞれご紹介します。

紹介する順番は順不同です。

 

食費 47,834円

内訳は、

  • 食料品  41,079円
  • コンビニ 3,180円
  • 外食   3,575円

でした。

コンビニ出費はお昼ご飯代です。

外食は妻が子ども達とおでかけしてくれたときの昼食代です。

 

日用品 34,337円

この費目では主に、

  • 日用品
  • ドラッグストア

という費目で管理しています。

 

日用品は生活の必需品なので、どうにか節約術を編み出していきたいですね。

今の第一候補はAmazonカードの導入です。

これで、Amazonでの買い物が2%還元されるので、高還元状態になります。

楽天のように圧倒的なポイント還元率で貯めてもいいのですが、価格がブレやすいと感じるので積極的な利用はしていません。

やはり第一条件は価格の安さなので、そこはブラさずにAmazonクレジットカードを検討したいと思います。

 

趣味・娯楽費 23,423円

主な内訳は、

  • 妻デザイン関連 11,500円
  • 本 7,427円
  • 仕事道具 2,360円

でした。

妻のデザイン関連費用がかさんでいるように見えますが、着々とデザインについて学びを深めているので問題ありません。

本は買ったり、図書館で借りたりといろいろですが、最近はマーケティング、ブランディング、ライティングの本をよく読んでいます。

ブログだけでなく、仕事でも役に立つので重点的に読みまくっています。

その内容をまとめたものがコチラです。

関連記事

SNSやブログをやっている方であれば一度は『ブランディング』という言葉を耳にしたことがありませんか? もしかするとサラリーマンの方でも「当社のブランディング戦略は~」なんてことを会議で聞いたことがあるかもしれません。 そんな話[…]

正直、マーケティング・ブランディングというものを甘く見ていました。

しかし、これらの本を読むことでその意識がなくなり、さらにマーケティング沼へと入りつつあります。笑

全サラリーマン必須の知識ですので、ぜひ読んでみてください。

 

交際費 7,753円

交際費の内容は、

  • 父の日のプレゼント

でした。

 

両家のお父さんにそれぞれプレゼントを贈りました。

私の父親はこれといった趣味や嗜好がないので、毎年宝くじを渡しています。

贈るものをあれこれ考える必要がないので、正直ラクさせてもらってます。笑

 

衣服・美容 4,100円

  • 夫の散髪代

でした。

 

健康・医療 3,740円

この費目では、

  • 病院の通院
  • 薬代

を計上しています。

日本は3割負担なので医療費がこの金額に抑えられるのはありがたいことだと改めて実感しています。

  

自動車 21,212円

だいたい月に3~4回給油しています。

余談ですが、食材や日用品の買い出しは通勤帰りにしているのでプチ節約になっています。笑

その他にもガソリンスタンドのアプリクーポンで5円/L引きにしたり、電子マネーを併用することでほぼ最安値になるような仕組みづくりをしています。

詳しくは別記事で解説しています。

関連記事

なまず屋ブログのなまず屋です! 今回は私も愛用しているセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードについて解説します。 還元率3%を誇るモンスターカードです。笑 ぜひ最後まで読んでください! 基本情報[…]

ガソリン代がだいぶ高くなってきました。

1L 90円台を知っているので、異常事態にしか見えません。笑

そこで、こんな記事を書いてみました。

関連記事

 なまず屋 今回は車を買い替えるのか、乗りつぶすのかどちらが節約につながるかを検証してみました! 今回の記事がオススメの方は、 車を買い替えるか乗りつぶすか迷っている方自動車税が高くて買い替えを検討している方アルフ[…]

昔から燃費のいい車に買い替えたほうが節約になると思っていたので、驚きました。

数字で判断するって大事ですね。

 

教養・教育 9,748円

この費目では、

  • 保育料
  • 子どもたちの服
  • 子どもに関連した費用

を計上しています。

4月度より上の子が保育料無償化の対象になりましたので、保育料が下がりました。

教養・教育費の合計が前と比べて1万円ほど下がったので助かっています。

 

特別な支出 82,848円

この費目では主に、

  • 出張での食事代・宿泊費
  • 家族でのおでかけ

などを計上しています。

6月度は主に出張に関する費用でした。

加えて、扇風機を2台購入しました。

家の中で熱中症にかかったらダメなので、壊れていたものを新調しました。

 

現金・カード 40,802円

この費目では、

  • 投資

を計上しています。

今月より投資額を増額しました。

内訳は、

  • 老後資金 11,000円
  • 教育資金 30,000円

です。

増額したのは教育資金の30,000円です。

つみたてNISAを活用しています。

この増額分を子ども手当から捻出しているので、冒頭で『今月は実質黒字』という表現を使いました。

貯金していた子ども手当をつみたてNISAに移行しているだけなので総資産はかわりません。

 

ちなみに教育費を投資で準備しようとした理由は、

  • 教育費のインフレヘッジ
  • 15年以上のインデックス投資で収益がマイナスになる確率は極めて少ないから

です。

教育費は人口減少にともなって高くなると予想しています。

なので、資産を増やすことが必要だと考え投資を始めました。

 

次に『15年以上のインデックス投資で収益がマイナスになる確率は極めて少ないから』の根拠はこちらの本です。

 

知る人ぞ知る鈍器本。

  • ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
  • 総ページ数 512ページ!

です。

根拠となる部分の内容にはふれませんが、納得感をもって教育費を投資で準備するのであればぜひ読んでいただきたいと思います。

幸運にも私は大学生のときにこの本と出会っていたので、必要な箇所を読むだけにしています。

これから読み始める方がいらっしゃたら、覚悟をもって読み進めてください。笑

 

株式投資なので、

  • 株価の暴落
  • 為替変動リスク

があります。

もし株式投資があてにできないタイミングで教育費が必要になった場合、我が家では定期預金の解約で対応しようと考えています。

なので、我が家はひとまず安心です。

 

水道・光熱費 19,184円

内訳は、

  • 電気代・ガス代 17,406円
  • 水道代     5,380円

です。

季節要因で徐々に下がってきました。

が、相変わらずの高止まりですね。

しょうがないものと割り切っています。

  

通信費 30,770円

内訳は、

  • 夫:ahamo 3,193円
  • 妻:楽天モバイル 3,392円
  • NHK放送視聴料 24,185円

です。

オプション次第では楽天モバイルよりもahamoの方が安くなります。

▶公式HPはコチラ:ahamo

楽天のポイント倍率やお買い物マラソンも捨てがたい…

▶公式HPはコチラ:楽天モバイル

まだまだ迷いますね。笑

 

ちなみにインターネット回線については家賃に含まれているのでそちらを使っています。

思った以上に快適に使えているので大家さんに感謝です。

 

そして、今年はNHKの受信料の支払いがありました。

こんなに高い金額を強制的に払わせられるのは非常に腹立たしいです。

早く料金を選択制にするか、いっそのこと廃止してしまえばいいとさえ感じています。

まさに無駄金の象徴です。

 

 

住宅 88,120円

賃貸に住んでいるので内訳は主に家賃です。

今住んでいる物件では家賃に駐車場代とインターネット回線代も含まれています。

ありがたいことにインターネット回線はストレスなくWi-Fiが使える回線となっているので、気兼ねなく使っています。

 

6月度は賃貸で契約している保証会社の更新費用の支払いがありました。

これもなぜ借りる側が支払わないといけないのか理由がわかりません。

胸くそ悪い慣習ですので、廃れてしまえばいいのにと毎回思います。

 

保険 5,278円

今月の保険の支払い内容は、

  • セコム損害保険(ガン保険)
  • ライフネット生命

です。

セコム損害保険というとセキュリティに関するものに思われますが、実はガン保険です。

知り合いに教えてもらいました。

 

巷ではガン保険はいらない!という意見もありますが、まだそこまで踏ん切りがついておらずそのままにしているという状況です。笑

月々の支払は夫婦で3,270円と安く感じているのですが、夫婦合算で年間の支払額を冷静になって計算すると…

  • 10年後(40代) 39.1万円
  • 20年後(50代) 115.1万円
  • 30年後(60代) 249.6万円
  • 40年後(70代) 454.6万円

とものすごい金額になります。笑

セコムの場合は色々条件はあるものの、

  • 病院に直接支払いをしてくれる
  • 治療代が青天井

というメリットがあるので、なかなか手放せないというのが実情です。笑

高額療養費制度や医療費控除をうまく活用すれば必要のない出費かもしれないのですが…

今はまだ ”Stay” という判断をしています。

 

その他 214円

毎月の家賃の振込手数料です。

毎月一回までは振込手数料が無料なので収入のほうで相殺されています。

 

家計簿に関する記事

別の月の家計簿公開記事はコチラです。

関連記事

  なまず屋 ようやくデータが揃いましたので今月も1円単位で公開します! 5月度のもっとも厄介な出費は自動車税ですよね。 毎年かかるものですが中々なダメージです。笑 もちろん貯金で備えているので年間で計算すると大丈夫[…]

関連記事

 なまず屋 ようやくデータが揃いましたので今月も1円単位で公開します! 4月度は少しはしゃぎすぎました。笑 社会人になってから初めてのちゃんとした休みのゴールデンウィークだったので舞い上がってました。 [c[…]

関連記事

なまず屋ブログのなまず屋です! 今回は我が家の家計簿を公開したいと思います! やはり人の懐事情とは気になるものですよね。笑 節約をする上での参考になれば幸いです。 家族構成 我が家の家族構成は[…]

関連記事

なまず屋ブログのなまず屋です! 今回は我が家の家計簿を公開したいと思います! やはり人の懐事情とは気になるものですよね。笑 節約をする上での参考になれば幸いです。 家族構成 我が家の家族構成は[…]

関連記事

なまず屋ブログのなまず屋です! 今回は我が家の家計簿を公開したいと思います! やはり人の懐事情とは気になるものですよね。笑 節約をする上での参考になれば幸いです。 家族構成 我が家の家族構成は[…]

 

ほかにも節約に関する家計簿・節約に関する記事を書いています。

よろければご一読ください。

関連記事

みなさん、こんにちは! なまず屋ブログのなまず屋です! 今回は我が家の家計をシェイプアップするために実施したこと5選をご紹介します! ぜひ最後まで読んでくださいね! 1.家計簿をつける まず初[…]

関連記事

みなさんこんにちは! なまず屋ブログのなまず屋です。   今回は家計簿をつけることで我が家で起こった数々の変化をご紹介したいと思います。 今回の記事がオススメの方は、 家計簿が続かない方家計簿をつける意味を見[…]

関連記事

みなさんこんにちは! なまず屋ブログのなまず屋です。   今回は毎日買っている飲み物をマイボトルにすると、どれだけ良いことがあるかを解説します。 節約効果だけではないので、ぜひ最後まで読んでみてください^^ […]

 

最後に

今月は2ヶ月ぶりに黒字でした。

 
なまず屋
子ども手当のおかげで総資産を減らさずに済みました。笑

 

余談ですが、年間予算の作成もおすすめです。

私の場合、Excelで管理しているのですが気に入ったフォーマットがなかったので自分で作りました。

もし、Excelをさわるのが苦にならないのであればけっこう楽しいですよ。笑

  

あ、家計簿アプリはマネーフォワードMEを使っていて、とても便利です。

 

節約をするには家計簿が必須です。

しかし、家計簿をつけるのって面倒くさいですよね。

そこでオススメのアプリがマネーフォワードMEです。

マネーフォワードMEなら銀行やクレジットカードを登録するだけで自動的に家計簿をつけてくれます。

こちらからアプリをダウンロードができます。 

▶資産管理始めるなら マネーフォワード ME

有料プランもありますが、まずは無料プランで使ってみてください。

お金に関するマインドが変わります。

 
なまず屋
今回の記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。ではまたっ!